名古屋市瑞穂区の『女性リフォームプランナー』が『暮らし改善』のお手伝いをする、リバース・コバヤシです。

 

リフォームをさせていただいたお客様のフォローも、大切な業務のひとつです。

この業界では、よく『アフターフォーロー』という言葉を使いますが、

辞書によると、

「商品やサービスなどを購入した顧客に対して、問合せや相談などを受け付けたりする企業のサービスや活動のこと。」とあります。

 

私どもでは、上記の『アフターフォロー』も勿論行っておりますが、

『フォローアップ』という取り組みもさせて頂いております。

こちらは辞書によると、

「ある事柄を徹底させるために、あとあとまでよく面倒をみたり、追跡調査をしたりすること。」とあります。

ここで言う

「ある事柄」は、「いつまでも快適で、心地よい暮らしを送っていただくこと。」

「あとあとまでよく面倒をみたり」は、「お掃除や片付けの仕方、簡単なメンテナンス方法などをお伝えする。又は、新たにお手伝いすること。」

「追跡調査をしたりすること」は、「私どもの提案や工事のやり方などを検証し、改善を含めて次のサービスへつなげてゆくこと。」です。

 

ですので、

新築・リフォームにかかわらず、たいていの会社は、

器(家)の面倒はみますが、料理(快適な暮し方)の事は、お客様にお任せしますね。

というところが多いです。

それがいけないというわけではなく、業界として普通のことなのです。

 

ですが、私どもは、

お客様から、実際に生活してからのお困りごとをたくさんお聞きしているうちに、

工事が終わってからのサービスも必要とされていることに気づかせていただきました。

 

自分たちにお手伝いできることは何があるのか。

日々考え、行動しております。

 

—————————

さて、

年末のご挨拶で、K様のお宅へ伺った際、

『白い床が黒ずんできた』とお聞きしたので、

年が明けたら、お掃除させていただくことをお約束していました。

 

K様の床の表面仕上は、キッチンパネルに似ています。

なので、お手入れはとってもラクなのですが、

今回は、粘性の汚れが付いており、

お客様は、何で除去すれば良いのかがお分かりにならなかったようでした。

 

今回は、消しゴムを使いました。

素材にキズが付かず、簡単に汚れが取れました。

 

洋服のシミ抜きもそうですが、

まずはどういう汚れの種類かを見極めることが大事ですね。

 

それが分かれば、有効な方法は案外見つけやすいです。

 

↓床掃除完了後

CIMG6082

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kさまにお掃除方法をご説明して、きれいになった床を喜んでいただけたので

フォローアップ終了です。

 

 

たまに遊びに来るお孫さんが、
最近、トイレができるようになったそうで、

昨年のリフォーム時には無かった
かわいいスリッパが増えていました~(^-^)

CIMG6067

 

 

 

 

 

なんとも微笑ましいですね♪

 

ではでは、

今日はこの辺で。

 

良い(いい)家(や)を考える
暮らし改善カウンセラー
井伊谷 亜希子