システムキッチンに浄水機能付き水栓を付けられた方は、
定期的にカートリッジの取替をする必要があります。

 

モノによって消耗期間が異なりますが、
あまり通水していないからと言って取替を1年も2年も先延ばしすると、
中では、菌が繁殖して、そこへ通水した水を飲む。
なんて事にも。

 

カートリッジの交換は、
大抵、お客様でも簡単に出来るようになっているものが多いのですが、
どうしても取り替えるのがおっくうな方は、
こんな方法があります。

 

①カートリッジの交換を依頼する

②浄水機能ナシの水栓に取り替える

 

今日は、以前にキッチンのリフォームをさせていただいたK様のお宅で、
アルカイリオン浄水器のカートリジ交換に伺いました。

 

毎年この時期になると、交換をご依頼いただいているのですが、
ご依頼いただく理由として、「自分で取替えて、水漏れすると怖いから。」
と言う事で。

 

【システムキッチンのシンク下】 アルカリイオン水のカートリッジ取替後

今日の日付を記入して、
通水試験を行い、
水漏れが無いかチェック。

 

無事完了です。

 

「お抹茶でもどうぞ。」
と、いただきながら、
お互いの近況報告などの女子トーク^^
ご家族の皆さんもお元気に過ごされているのだと
安心して現場を失礼しました。

 

 

そして、
つい先日、いつもお世話になっているH様より、
「新築の時に勧められて、浄水機能付の水栓に取り替えたけど、
買ってくるお水の方が美味しいからカートリッジを交換する費用ももったいないし、
カートリッジを取り外したまま使用すると、水の出方がおかしいのですごくストレスになって、
シンプルな水栓に取り替えたい。」

 

というご相談をいただきまして、
水栓を取り替えることに。

 

【システムキッチンの浄水機能付き水栓】 Before

 

そして、取替にオススメした水栓は、
お客様のご要望通りシンプルな水栓。

 

ですが、
「エコシングル水栓」という
「エコ」機能が付いているものをオススメしました。

 

●従来の水栓は、


よく使われるレバー中央部では「水」と「湯」が混ざって出ます。
例えば、しゃもじをぬらすときでもレバー中央部で水を出すと、
給湯機が作動していることがあり、お湯のムダ使いに。

 

 

 

●一方、エコシングル水栓は、


水と湯との境に「カチッ」というクリック感を設けたことで、水と湯をきちんと使い分けられます。
給湯機のムダな作動を防いで節湯するので、ガスの消費を抑制。CO2削減にも役立ちます。

 

 

 

【システムキッチンのシンプルな、エコシングル水栓】 After

と、いうことで、
必要の無い機能を取り除き、
そのお客様に合った機能をプラスする。

 

今回は、水栓一つのことですが、
新製品や人気のある商品が
必ずしもその方に合うとは限りません。

 

GOODな提案をしよう思うと、
やはり、そのお客様の価値観を知ることが必須。

 

だから、
本音をポロリと出して頂ける
「女子トーク」は、大切だと思っています。

 

リフォームのヒアリングの時には教えて頂けず、
ご提案をする際の重要なヒントが隠れていたりするから
本当にあなどれません。

 

Hさまも、
いつもお茶やお菓子をだしてくださって、
一緒にいただきながら、
たいていが本題のリーフォームの話より、
「女子トーク」の方がメインなってしまいます・・・^^

 

では、また。

 

暮らしが変われば、人生が変わる!
ワクワクする暮らしから「ラブ&ピース」を造る会社。

リバース・コバヤシ 井伊谷亜希子(いいやあきこ)