今日は、弊社のコミュニティスペース「りぼん」にて、
動物保護団体の「小さな命を救い会」さん主催で、
犬の譲渡会を行っています。

 

保護犬たちが続々と入場し、
当社の社員犬「サリー&リボン」が落ち着かないので、
設営後に保護犬のみんなにご挨拶。

 

と、思ったら、
サリーとリボンは、借りてきた猫状態に。

保護犬から逃げて回っている姿を見て、
うちの子たちの箱入り娘具合を知るのでした。

 

 

そうそう、
保護犬のパグくんのお見合いが成立し、
今日、新しいパパ・ママ・お姉ちゃんと一緒に新しいお家へもらわれて行きましたよ。

ご家族が、リードを付けたパグくんと一緒に駐車場へ行く後ろ姿を見て、
ずっと前から家族の一員かのような光景。

 

とても嬉しく。
心の中で「幸せになるんだよー」と、エールを送りました。

 

 

譲渡会とは、
保護犬と新たな飼い主さんとの「お見合いの場」みたいなものなんです。

殺処分をされないために、
愛護センターから保護団体のボランティアさんが犬たちをへレスキューします。
そして、新たに飼い主さんを探すという流れなんです。

 

ボランティアさんの所で保護されたわんこ達の日々の様子をSNSにアップし、
それを見た方が、家族会議でも開いてその子をもらいたいという覚悟が固まったら、会場に会いに来る。
という方が多いようです。

 

やっぱり、この子と一緒に暮したい!
となったら、申し込みをします。

希望される方が、譲渡するにふさわしい方なのかを確認したり、
飼うにあたっての注意点を説明して、
トライアル(お試し生活)へ。

トライアルとは、
保護犬を自宅へ連れて帰り2週間ほど一緒に生活をしてみることです。

 

もう、この子を手放したくない!!
となって、
やっと、正式譲渡となるのです。

 

ここまでして飼いたい飼い主さんなら、
わんこたちも、二度と悲しい思いをすることはないだろうなー
と感じます。

 

今回は、9頭の保護犬たちが来てくれました。

みんな可愛い子ばかり。

一頭でも多くのわんこに、
新たな飼い主さんが見つかることを願います。