快適な住まいっていうのは、

●動線のよい間取り

●収納のしやすさ

●家事がラク

という考え方もありますが、

 

この頃、

住みよい環境づくりとして無視できないことは、

「室内温度差」のない環境ではないかと思うようになりました。

 

夏には、冷房 を使用するもの。

冬には、暖房 を使用するもの。

と、生まれた時から洗脳されてきたので

疑うことがありませんでしたが、

そもそも、冷暖房を使わなくてもよい住まいの方が、

体に負荷がかからず、

快適なはずです。

 

それを可能にするのには、

「断熱性能」というのは、

無視できません。

 

仕事がら、いろんなお宅へ伺いますが、

ものすごく

暑い

寒い

家があります。

 

特に、

築年数の古いお宅。

 

訪問した際、

光熱費の削減を徹底され冷暖房を使用されないお宅は、

住まいの不快度が顕著に体感できます。

 

外部からの気温の影響を少なくするためには、

屋根、壁、床の断熱性能を上げる必要がありますが、

その中でも一番影響を受けるのは、

窓ガラスです。

 

限られた予算で、

効果の高い改善策するなら、

ペアガラスに交換するやり方もありますが、

空気層がしっかり確保できて断熱効果の高い

「内窓」の設置がオススメです。

 

この冬、LDKに幅の大きな掃き出し窓が2ヶ所ある

O様のお宅にも内窓を取り付けました。

 

【before】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【after】

内窓枠は、既設木枠とカラーを合わせました。

窓が引き締まり、グレードがアップした印象になりました。

 

 

 

暖房の効率がよくなり、

よく晴れた日は、暖房を入れない

または長時間使用しなくなったそうです。

 

 

このLDKに取り付けることになったのは、

少し前に寝室にも内窓を取り付け

効果と快適さを体感していただいたから。

 

会話の中で、

「台風の爆風音で怖くて眠れなかった。」ということでした。

 

シャッター雨戸の取付をしたかったのですが、

構造的に取付不可だったため、

防音効果や隙間風対策にもなる内窓をオススメしました。

 

その後、

2回目の台風時も安心して眠ることができ、

普段もよく眠れるようになったそうです。

 

「自分では気がつかなかったけど、窓から影響を受けていたんですね。

良いものを勧めてもらってありがとうございます。」

と、仰ってくださいました。

 

リフォームは、

構造(間取り)、お悩み、ご予算、工期などで

ご提案する内容が異なります。

 

お医者さんでいうと、

見立ての良さ→治療方法の決定

さらに→腕のよい手術

という感じでしょうか。

 

人にもペットにもやさしい環境づくり。

ご参考になれば幸いです。

 

住まいの不安を排除し、暮らし向上のお手伝い

暮らし方コンサルタント

井伊谷亜希子