リフォームでお世話になっている奥様から
「実家のリフォームも相談にのってください。」
というきっかけから、昨年より
ご実家のO様とのお付き合いが始まりました。

最初は、
1)洋室のリフォームでした。
ご主人の自宅療養に伴い、
普段は個別の寝室でありながら、
ご主人の具合が急変したときには、奥様がすぐに対応できるようにされたいとのこと。

洋室2部屋の間仕切り壁を撤去し、
カーテンで間仕切りりました。

ベッドとベッドの間にカーテンを引き、
就寝中もカーテン越しに様子が分かるので、
何か様子がおかしいときも、ベッドから起き上がらずに
サッとカーテン開けて確認ができるようになりました。

それ以降ご依頼いただいた工事は、
2)不用品の処分をして、部屋がスッキリ。
3)タイル仕上げの在来浴室をシステムバス風にリフォームして、
浴室が暖かくなりました。
4)寝室の掃出し窓に内窓を取付け、冬場の日中はほどんど暖房が必要なくなりました。
5)寝室の内窓の効果を気に入っていただき、追加でリビングの中庭に面した掃出し窓も2ヶ所内窓を取り付けました。
6)リビングの天窓のガラスを押さえていた部材が腐り、ガラスがズレて隙間風が。隙間を修繕し、ガラスがズレないようにしました。
7)テラス屋根のひび割れた雨樋を交換しました。
こんな感じで、
細かいものを上げればもっとありますが、
修理やリフォームが終わると、
1~2ヶ月するかしないうちに、
奥様からお困りごとのお電話をいただきます。

本当におかげさまで、
回数で言えば、短期間でのリピートリフォームNo.1のお客様です^^

 

前置きが長くなりましたが、
今回のご相談は、
片付け、処分、収納。

どちらかというと、何でも取っておくクセのある方で、
ご主人が他界され、
おひとり暮らしには広すぎるお宅に住んでいらっしゃるので、
片付けたいけど、何から手を付けたらいいか、どうやって収納したらよいか分からず
今回のご相談をいただきました。

 

「井伊谷さんは何でも相談できて助かるわ~。
いい方を紹介してもらって、本当に心強いのよ。
他の方も皆さんそう言うでしょう?」
と、O様は上手に私をころがし?
上手に利用してくださいます^^

 

少し前まで、
季節の変わり目で、奥様の体調がすぐれず、
体調がよくなられたらお話を進めましょうということにしていたため
再度お打ち合わせに訪問しました。

まずは、
寝室の既存の家具の配置変えと、
スペースに合わせた、新たな収納を設置することに。

奥様にとって使いやすいと思われる
衣類の収納の仕方や
ズボラ収納(井伊谷考案)の方法をアドバイスしたところ、
具体的に完成イメージが想像できたそうで、
「部屋が片付くなんて、嬉しい!ワクワクしてきました♪」
とのこと。

それを聞いて
私もなんだかワクワクしてきました♪

ということで、
この収納工事が終わって
使いやすく衣類を収納したら、
次は、
納戸兼ウォークインクローゼットの片付けに入る予定です。

 

 

収納の工事を成功させるには、
まず、そのお客様の片付けのスキルやクセをリサーチすることがとても重要だと思います。

 

ご自分は片付けが得意ではないけれど、
自分を変えたい!
生活環境を変えたい!
と思ったときが実行するチャンスです。

 

沢山のモノをどう片付けてよいかわからない。
収納の種類や大きさ、配置をどうしたらよいかわからない。

 

ひとりでどうしたらよいかわからない方は、
まず、気心が合い、あなたが継続しやすい収納法を提案してくれる
アドバイザーに相談するのも一つの方法だと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

大きな改革(悪環境をリセット)をするときは、
すぐに目に見えて、どんどん環境が変わっていくというスピードも大切です。

 

それでは、
O様の熱が冷めないうちに、
早く取りかからなければ。

株式会社リバース・コバヤシ
整理収納アドバイザー
井伊谷亜希子