業界初!「女性のお客様専門」とは?

一家の大黒柱は、お父さん。家庭を守るのは、お母さん。なんて、一昔前の事だと言われるかもしれません。
夫婦共働きが増えつつある現代、夫も家事や育児に参加することは珍しくなくなりました。

当社も設立して25年、たくさんのご家族にお会いし、様々なお悩みを解消してきましたが、ふと気づいたことがあります。

職場には、部門ごとにリーダーがいるのに、住まいづくりでは家庭において明確にリーダーが決まっていない。だから、打合せがスムーズに進まないことがあるのだと。

住まいづくりのリーダーに適している人は、


●家族の状況を一番把握している人
●家事や育児・介護を一番行っている人
●同居家族の住まいやすさも考えられる人
●住まいづくりにおいて、ご家族から信頼されている人

などが挙げられます。

アニメのサザエさん一家で説明しますと、
家事全般を行い、ご家族の状況を一番把握しているのは、フネおばあちゃんと、サザエお母さんですね。
住まいづくりにおいて重要な情報は、家庭を守っているこのお二人が握っています。

波平おじいちゃんや、マスオお父さんにご家族の詳細や家事の質問をしても、奥さんほどは答えられませんね。

当社が今までにご相談を受けた中で、ご主人の関心ごとの多くは、
・性能の高い商品
・ご自身が関心のある一部のスペース
・スピーディーな対応
などが中心でした。

一方、奥さんの関心ごとは、
・家事効率がアップするための間取りや商品
・ワクワクするデザイン
・ちょっと先の未来を考えた、ご主人・お子さん・ご両親・遊びに来る孫・ペットのこと
など、モノ・コト・ヒトと多岐に渡ります。

よく、男性脳とか、女性脳とか言われますが、そういう生物学的な違いもあるのかもしれません。

そして当社のお客様では、ご主人が住まいづくりのリーダーであるよりも、奥さんがリーダーであるお宅の方が非常に満足度が高かったという事実があります。

それは、当社が女性の聞き取りや雑談の中から悩みを的確にキャッチし、時にはお客様が想像されていなかった提案をする部分が大きいからだと、奥さんたちが教てくださいました。

ご主人がリーダーのお宅では、家事やご家族に関する本当のお悩みや正確な情報の聞き取りができないため、一般的なご提案をすることとなり、当社の良い面を理解していただきにくいのだと思います。そうした経験から、女性のお客様を中心にご相談を受ける会社にしようと決断しました。

奥さん以外のご家族にもそれぞれのお悩みやご希望があると思いますので、打合せは、ご主人やお子さんにも同席していただくようお願いしています。

ですので、「女性専門」の理由としては、


上記のご説明のとおり、「住まいづくりのリーダーは、女性(お母さん)が適任であるから」ということ。

リーダーの役割としては、

・基本的に全ての打ち合わせに出席していただくこと
・リフォームや新築を実行する際、大きな権限を持っていること

などがあげられます。

そして、お母さんが笑顔になる住まいづくりをすることで、ご家族にも自然と良い影響が広がってゆくと思っています。

仕事という戦場で戦ってきたお父さんも、家では安らげたり、女性(お母さん)リーダーに家庭を安心して任せることができれば、今以上に仕事に打ち込めるのではないでしょうか。

家庭円満の奥さんに共通している事は、奥さんがご家族の幸せを考えながら、ご自身も幸せを感じる住まいをつくるという点でした。

当社では、お客様やそのご家族との信頼関係を大切にしながら、様々なご提案で、
「さらに家庭円満」のためのお手伝いをさていただきます